Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

略歴をまとめてみました(2015-09-16 更新あり)

竹迫 良範(たけさこ よしのり)

現所属

  • 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 技術フェロー(2015年9月~)

コミュニティ活動

  • SECCON実行委員長
  • Shibuya Perl Mongers リーダー
  • OWASP Japan Advisory board
  • CODE BLUE レビューボード

職務経歴

  • 2002年03月 広島市立大学 情報科学部 卒業(情報工学・学士)
    • 情報機械システム工学科 知能ロボット講座(現:パターン認識研究室)
  • 1997年05月 株式会社エス・ワイ・シー 入社
  • 2002年02月 株式会社ドリームアーツ 入社
    • 独立系ITベンチャーにて大企業向けパッケージソフト開発に従事
  • 2005年11月 サイボウズ・ラボ株式会社 入社
    • セキュリティ先端技術のR&D、情報基盤ミドルウェアの開発 (9年)
    • エンジニア採用ブランディングの企画開発、イベント運営(9年)
    • 海外開発拠点へのセキュリティトレーニング、社内研修講師(4年)
    • サイボウズ株式会社 Cy-CSIRT 社外アドバイザー(3年)
  • 2015年09月 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 入社
    • ラーニングプラットフォーム推進室 技術フェロー

オープンソースソフトウェア開発実績

所属学会

  • 日本データベース学会、The Database Society of Japan(DBSJ)正会員
  • ACM SIGMOD 日本支部メンバー

研究業績

  1. 2011年3月10日、「不自然言語処理コンテスト」第1回開催報告、言語処理学会 第17回年次大会 発表論文集、共著、萩原正人 (楽天), 大原一輝 (フリー), 水野貴明 (バイドゥ), 橋本泰一 (東工大), 荒牧英治 (東大), 竹迫良範 (サイボウズ)
  2. 2012年1月8日、x86 JITコンパイラ上で任意コードを実行する方法、情報処理学会 第53回プログラミング・シンポジウム予稿集、単著、竹迫良範(サイボウズ・ラボ)
  3. 2012年1月20日、Web型グループウェア開発における技術標準動向と人材育成の課題、画像電子学会 第9回国際標準化教育研究会-事業化と標準化教育-、単著、竹迫良範(サイボウズ・ラボ)

受賞歴

国際標準化活動

  • 2009~2011年 SC 22/ECMAScript Ad Hoc エキスパート(ISO/IEC 16262:2011)
  • 2010~2013年 W3C Invited Expert、HTML5 Working Group
  • 2013~2015年 SC 22/C#, CLI, スクリプト系言語SG エキスパート
  • 2015年  情報処理学会 情報規格調査会 SC 22専門委員会 専門委員
  • 2015年~ SC 22/ECMAScript Ad Hoc エキスパート(ECMAScript6、JSONi18n等)

国際発表

  • 2010年 OSDC.tw 2010「Polyglot Programming and Web Security」
  • 2011年 OSDC.tw 2011「x86 ASCII Programming (16bit/32bit)」
  • 2011年 HITCON 2011 Hacks in Taiwan Conference「Disassemble Flash Lite 3.0 SWF File」
  • 2014年 OWASP AppSec APAC 2014「Secure Escaping method for the age of HTML 5」
  • 2015年 SECUINSIDE 2015, BSides Las Vegas 2015, HITCON Community 2015「Backdooring MS Office documents with secret master keys」
  • 2015年 CODE BLUE 2015「MS Office ファイル暗号化のマスター鍵を利用したバックドアとその対策」

委員歴

  • 2006年~ Shibuya Perl Mongers 2代目リーダー
  • 2007~2014年 翔泳社 Developers Summit コンテンツ委員
  • 2008~2013年 経済産業省U-20プログラミング・コンテスト審査委員
  • 2014~2015年 CSAJ U-22プログラミング・コンテスト実行委員
  • 2010~2011年 不自然言語処理コンテスト審査員、アドバイザー
  • 2012年 CTFチャレンジジャパン2012 CTF大会実施ワーキンググループリーダー
  • 2012年~日本ネットワークセキュリティ協会 SECCON実行委員会 実行委員長
  • 2013年~OWASP Japan Advisory board
  • 2014年~国際情報セキュリティ会議 CODE BLUE レビューボード、実行委員
  • 2014年 情報処理学会コンピュータセキュリティシンポジウム2014実行委員
  • 2014年 キャンドルスターセッション(CSS×2.0)in CSS2014 実行委員長

招待講演

パネル登壇

  • 2011年 言語処理学会 第17回年次大会「自然言語処理における企業と大学と学生の関係」
  • 2013年 JANOG31 Meeting「モダンアプリのインパクト」「Outbound Port 80 blocking のご提案」
  • 2014年 情報処理学会 第76回全国大会「国はハッカーを育成出来るのか」
  • 2014年 情報セキュリティ・ワークショップ in 越後湯沢「自社製品のバグ発見者に報奨金をだす企業とバグ発見者」
  • 2014年 Internet Week 2014「S7 本当に身につくセキュリティの学び方」「攻撃者の視点を学ぶ」

教育歴

  • 2006年 Web2.0ワークショップ「Plaggerで学ぶ、初めてのRSS/Atomアグリゲーション」
  • 2006年 セキュリティキャンプ2006、Webプログラミング基礎演習講座
  • 2007年 セキュリティキャンプ2007、プログラミングコース講師(セキュアシステム開発
  • 2008年 セキュリティ&プログラミングキャンプ2008、Webプログラミングクラス講師
  • 2008年 HTTP Meeting 2008 ~Webサービスの明日を見つけよう~「Webプログラミング言語/JavaScript処理系」
  • 2009年 セキュリティ&プログラミングキャンプ2009、OSを作ろう組(OS自作組)講師
  • 2010年 セキュリティ&プログラミングキャンプ2010、両コースの講師を兼任
  • 2011年 セキュリティ&プログラミングキャンプ2011、プログラミング言語クラス講師
  • 2012年 セキュリティ・キャンプ中央大会2012、Webクラス&セキュアシステム講師
  • 2013年 セキュリティ・キャンプ中央大会2013、Webクラス&セキュアOSクラス講師
  • 2013年 京都大学サマーデザインスクール 2013「チームワークのデザイン」実施者
  • 2014年 京都大学サマーデザインスクール 2014「学び方のデザイン ─ 盲点を見つけよう」実施者
  • 2014年 会津大学セキュリティ人材育成事業サイバー攻撃対策演習・情報セキュリティ講座「マルウェアの検知と防御技術」講師
  • 2014年 セキュリティ・キャンプ全国大会2014「ルーター自作ゼミ」講師
  • 2014年 セキュリティ・ミニキャンプ in 東北 2014「攻撃検知システムを自作しよう」講師
  • 2014年 セキュリティ・ミニキャンプ in 沖縄 2014「攻撃検知ソフトの自作」講師
  • 2014年 警察大学校 サイバーセキュリティ研究・研修センター「サイバーセキュリティ分野における人材育成」講師
  • 2015年 警察大学校 サイバーセキュリティ研究・研修センター「サイバーセキュリティ分野における人材育成」講師
  • 2015年 セキュリティ・ジュニアキャンプ in 高知 2015「ウイルス対策ソフトを作ってみよう」講師
  • 2015年 セキュリティ・キャンプ全国大会2015 低レイヤートラック リーダー
  • 2015年 セキュリティ・キャンプ全国大会2015「1-B AVRマイコンで作るBadUSB自作入門」講師

調査協力

  • 2010年 文部科学省 科学技術政策研究所 科学技術動向研究センター「未来予測ディスカッション」
  • 2014年~文部科学省 科学技術政策研究所 科学技術動向研究センター「科学技術専門家ネットワーク」専門調査員

連載

著書(翻訳・監訳・共著など)

寄稿

  • 多数(自分で把握しきれなくなりました…)